フリーター脱出14日間講座 EPJプログラム

フリーターから正社員へ!
-----------

かつてない就職氷河期、
新卒だけでなく、既卒、転職も厳しい・・・


なんとなく就職しないままバイトで来てしまったけど、

会社を勢いでやめてしまったけど、


やっぱり、正社員として就職したい・・・。


でも、経歴もぱっとしないし、
資格もないし、経験もないし、

全く受かる気がしない!!!



なんて思っていませんか?



その考え、今すぐ捨ててください!

14日間であなたを見つめ直し、

確実に「企業に求められる人材になる」プログラム。

↓↓↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=39660


講義⇒課題方式で、

あなたの今までとこれからをブラッシュアップ。


自分をしっかり見つめ直す、

そのやり方をお教えします。


今やらないで、いつやる。


一生ものの考えを、

14日間で身につけるプログラムです。

↓↓↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=39660

間違いだらけの就職活動、していませんか?
---------------------------


はじめまして。

岸本朋子と申します。


私は企業の人材開発分野を専門に、
10年以上仕事をしてきました。

企業内教育教材の開発や
教育制度設置の支援なども行っています。


まあ、平たく言えば企業の「人事部」のお仕事に、
外部からずっと携わってきた、という感じです。


今回、「フリーターから正社員へ」を目的とした、
14日間のプログラムを作成いたしました。


きっかけは、私の友人が就職活動で悩んでいたこと。


とても優秀、能力もある彼女なのに、
なぜかまったく就職が決まらない・・・

それはなぜか?


それは、就職活動の仕方に問題があるのです!


↓↓↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=39660


少しでも、就職に悩んでいる人を助けたい・・・。

あなたが、

経験がないから、
資格がないから、
アピールポイントが見つからないから、

就職が決まらない・・・

と思っているのだったら、

それは大きな間違いです!


本当に企業が求めているものとは?

どうすれば、「この人と一緒に働きたい」と思わせられるか?


14日間、しっかりと自分を見つめ直し、

確実に力をつける!


2週間後には、
今までとは違う自分がいることを発見しているはずです。

↓↓↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=39660

1億7千万のチャンスを捨てますか?
--------------------------


一生を正社員で過ごす人と、

非正規社員として過ごす人。


生涯賃金で、いったいいくらの差がつくか知っていますか?


その額、なんと1.7億円!!!


そして、老後の話。


正社員で働いている人は、
年金や退職金など・・・
色々と準備もできますが、

非正規社員の場合は、

退職金なし。
年金も少額。


・・・こんな状況では、不安を感じざるを得ないですよね?


でも、ずっとフリーターでやってきてしまったし。

非正規雇用でやってきてしまったし。


今さら、正社員なんて、雇ってくれるところはないんじゃ・・・


いえいえ!

きちんとした就職活動のやり方さえ知っていれば、

今からでも正社員になることは可能です!!!

↓↓↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=39660




このまま何もしないで、

なんとなく不安なまま過ごしているだけ・・・


そんな状態では、

「やれる仕事」をとにかくやって、

なんとか日銭を稼ぎながら、食いつないでいく・・・


そんな将来が待っていることになってしまいます。



そんな不安から解放される、

正社員として採用される人になるためのプログラム!!!

↓↓↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=39660


企業側の視点、考えていますか?
---------------------

就職活動をするにあたって、

「どうアピールするか」

「何をしゃべったらいいのか」

「どういう身だしなみで行ったらいいか」

と考えているでしょうか。


普通の人はそこどまり。

だからこそ、なかなか就職活動がうまくいかないのです。


応募書類を書くとき、
面接に臨む時、

本当に重視すべきなのは・・・

「企業が何を求めているか。」


あなたは、過去何をやってきたのか、
どんな経験があるのかを、
必死になって書き出し、

「アピールポイント」としているのではないですか?


その就職活動、的外れ!


・・・と言わざるを得ません。


企業が重視するのは、

「あなたがこれから企業にとって、何をしてくれるのか。」

すなわち、

「将来への貢献」なのです!!!



↓↓↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=39660

何に力点を置いて自己アピールをするのか。

自分のどんな部分をどのようにアピールするのか。



それだけで、就職活動の結果は、

まったく違うものになる・・・


でもその考え方はどうやって身につけたらいいの?


14日間で今までの自分と対話し、

さらに新しい自分を見つける。


表面的な就職活動本・・・

お辞儀の仕方や、身だしなみを解説したものではなく、

考え方、行動を改革していくプログラムなのです!!!


もしここで学ぶことを身につけられれば、

面接官の前で転んで、椅子をひっくり返してしまったとしても・・・


内定がもらえるのです。


↓↓↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=39660

大卒フリーターっているの?

「大卒フリーター」って聞いたことありますか?
大卒フリーターというのは名の通り、大卒でフリーターをしている人のことです。

今は大学を卒業したからと言って就職先が保証されている時代ではありません。
このような状況が大卒フリーターを生み出す土壌となっているのかもしれません。

大卒フリーターの中には新卒で就職に失敗し、ひとまず大卒フリーターになっている人がいるようです。
また、一度は就職したもののいろいろな事情により、やめて大卒フリーターに転じているという大卒フリーターの方もいるようです。

どのようなステップを踏んで今、大卒フリーターにいたっているかはさまざまですが、共通するのは大学を卒業してはいるが定職につかない大卒フリーターになっていることです。

大卒フリーターの人は依然として正社員としての就職をめざしている人が多いような気がします。
同じ大卒フリーターでも、一度就職をしてやめて大卒フリーターになっている場合と新卒での就職に失敗して大卒フリーターをやっている場合とでは状況が異なると考える人がいるようです。

一方で、一度就職をしてやめて大卒フリーターになった経験を持つ大卒フリーターは、経験上状況は同じだと感じる人もいると聞きます。
また、大卒フリーターと高卒フリーターとでは正社員としての就職への思いに温度差があるような気がします。
大卒フリーターの方が正社員への想いが格別強いように思います。
正社員としての就職への切符をもらったように思った大学への合格通知。
大卒フリーターはそれが間違っていたことを経験し、自分がこれからずっと就職できないかもしれないという不安と自尊心を傷つけられたように感じている人がいるようです。

大卒フリーターと高卒正社員を比べたときにどちらがいいかというとちょっと悩んでしまいますね。
大学卒業資格はあるが正社員ではない大卒フリーターと大学卒業資格はないが高卒で正社員になり何年もたつ人。

大卒フリーターと高卒正社員のどちらがいいかは人それぞれの価値観が関係してきますが、昔のように大学へ行ったから就職できるというのではなく、大卒フリーターという人たちがいる時代です。
大学まで行ってお金を払って大卒フリーターになるよりは、高卒正社員をめざした方がいいと考える人も当然出てくるでしょう。

でも、大抵の大卒フリーターは好んで大卒フリーターになるわけではないようです。
そのような大卒フリーターのための支援サイトなどをチェックして、人生設計をし直してみては?








フリーター問題

フリーター問題は数年前からいつもテレビや新聞のニュースに取り上げられてきました。
最近では、ニート問題とならんでフリーター問題についての評論が新聞に載せられ、フリーター問題を取り上げた特集などもあるようです。

インターネットで「フリーター問題」と検索をかけただけで、「フリーター問題と女性」「フリーター問題と賃金」「フリーター問題と企業」「フリーター問題と対策」「フリーター問題と経済」などあらゆる関連したものが出てきます。
年々増えているフリーターは次第に経済に影響を与え、フリーター問題として取り上げられてきたようです。

しかし、フリーター問題と聞くとなんだかフリーターはよくないように聞こえるのですが、実際「フリーター問題」とはなんなのでしょうか。

フリーター問題が大きくなっているということは、国にしろ企業にしろ一般の人にしろだれかがそれによって悪い影響を被るからではないでしょうか。
また、本人の将来のことを思ってのフリーター問題なのかもしれません。
フリーターの人はたいていフリーターとしての生活に満足している人が多いような気がします。
正社員として仕事をしていた人が居づらかった会社組織から脱出し、フリーターになり精神的によかったという話も聞きます。


フリーター問題でよく取り上げられるように、好きでフリーターになったのではない人もいるのは確かです。
そこから浮上してくるフリーター問題があるのかもしれません。
例えば、リストラにあった人が再就職に失敗し、やむを得ずフリーターをしているという中高年の人の話も聞きます。
このような人がいる状況は確かにフリーター問題として取り上げられてしかりでしょう。
最近の求人情報にはフリーター向けのアルバイトが山のようにあります。

フリーター問題が大きく取り上げられる中、企業の中にはいろいろな保障をしなければならない正社員を多く雇うよりは補償をあまりしなくていい融通のきくフリーターを雇う方がいいと考えるところもあるようです。
これもフリーター問題を大きくしているのかもしれません。
このように見てみると、フリーター問題にはあらゆる面の問題がかかわっており複雑だということです。
フリーター問題について自分で調べ、自分の視点でフリーター問題について考えてみるといいですね。

フリーター生活は快適なの?

フリーター生活って本当に快適なのでしょうか?

フリーター生活をしている人は大きくふたつに分かれると思います。
それは今のフリーター生活に満足している人と、今のフリーター生活に満足していなくて、いずれは就職しようと考えている人たちです。

実際、その人のフリーター生活が快適になるかどうかはその人がどのくらいの収入を得ているのかにかかってくるような気がします。
収入が多ければ、フリーター生活も快適になり、今のフリーター生活を続けていきたいと思うことでしょう。
では、現実的にフリーター生活を快適に過ごすほどの収入をフリーターで見込めるのでしょうか?

フリーター生活をしている人の中には一人暮らしや親元にいる人が多いようです。
また、都心部では複数のフリーターとシェアルームをして共同でフリーター生活をおくっている人もいると聞きます。
シェアルームだと、基本的にかかる家賃などを低くおさえることができるので、フリーター生活も快適になるかもしれませんね。
フリーター生活が本当に快適かどうかは確かにその人の状況によって大きく異なってきます。

でも、たとえば結婚して子供ができ、教育費を工面しなければならなくなったときフリーター生活の大きな壁に直面することは確かです。
家族を養いながらのフリーター生活とは本当に実現可能なのでしょうか?

フリーター生活と聞くと、あまり安定していないと考えがちです。
でも、フリーター生活をすることによるメリットを考えて、あえてフリーター生活を選ぶ人もいるようですね。
最近ではフリーター生活をする人が増えてきて、注目されていますから、フリーター生活をしやすくなってきているようです。
でも、まだまだフリーター生活をする人にとって不利な状況は多いように感じます。

例えば、フリーター生活している人がクレジットカードを作るときや借金やローンを組んだりするときにその影響が出てくるようです。
でも、今ではフリーター生活だとしてもクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりするのに問題はない場合が多いようです。

フリーター生活の実際についてはフリーター生活を実際にしている人のブログを参考にするなどすればフリーター生活をちょっとのぞくことができるかもしれませんね。


フリーターの転職は多い?

フリーターの転職の現状はどうでしょうか。
フリーターの転職は正社員として働いている人がする転職の数に比べれば、多いのではないかということは容易に想像できます。
しかし、フリーターは転職が多いと頭ごなしに決めてかかるのは間違いかもしれません。

あるファーストフードレストランやファミリーレストランで素晴らしい接客をする人たちがそこでもう何年も仕事をしていてフリーターで転職経験なしという人ということもあるからです。
私も以前アルバイトをしたことのあるファーストフードレストランの人の中に、フリーターで転職は一度もしたことなく、もう10年以上もそこに勤めている方もおられました。
必ずしもフリーターは転職を繰り返すというわけではないようです。

フリーターに転職はつきものというようなイメージもあるようです。
確かに、一般的にフリーターで転職する人が多いのも事実のように思います。

フリーターが転職を繰り返すことの一つにはいろいろな職種を経験し、自分にあった職種を探すために意図的に転職を繰り返すというのもあると聞きます。
私の友人の中にも、自分のやりたい仕事がすぐには見つからないし、大学に行って勉強するわけでもなくフリーターで転職を繰り返している人がいます。
フリーターで転職をし、実務経験を積んでいろいろな仕事を体験したいというのがその理由です。

フリーターで転職を繰り返して自分に合った職種を探すというのも一つの方法かもしれませんね。
フリーターが転職を繰り返すことの一つには使い捨てのように使う会社の勤務条件が悪く、さらなる条件のいい仕事をさがしてフリーターが転職するというのもあるようです。

フリーターで転職をする人が多いのは、この転職することができるということをメリットに考えているからではないでしょうか。
正社員ならなかなかやめられなくても、フリーターは転職するのが容易であるというのは一理あると思われませんか。

フリーターは転職できるから気持ちが楽でいいと考えるか、安定性がないと考えるかは人それぞれの価値観によって違うと思いますが…

また、フリーターが転職を繰り返すことができるのには、それほどフリーターを受け入れる土壌が今の日本にあるということです。
無料の求人情報誌を見ると、数多くのアルバイト情報が載せられており、フリーター歓迎や未経験者歓迎といった文字が躍っています。
このような状況もフリーターの転職を容易にしているのかもしれません。
フリーターの転職の状況について実際の正確な状況を調べてみるといいかもしれませんね。



タグ:転職

フリーターの職務経歴書ってどう書くの?

フリーターの職務経歴書ってどうやって書けばいいのでしょう?
フリーター脱出を目指し就職活動をしている人がよく履歴書はかけても、フリーターは職務経歴書を書くときに苦労すると聞きます。
どうしてフリーターは職務経歴書を書くのに苦労するのでしょうか?

職務経歴書とは今までついてきた仕事について自分をアピールする場、フリーターは職務経歴書に自分の今まで経験してきた仕事を書けないということなのでしょうか?
フリーターの職務経歴書に今までのフリーターとしての仕事の経歴を書けないとしたら、何年も真面目にフリーターとして一定の仕事に就いていたとしても評価されないということなのでしょうか?

では、フリーターが職務経歴書を書く際に必要なことやポイントはどんな点なのでしょうか。

フリーターの職務経歴書に関するサイトはインターネット上に山とあります。
フリーター脱出で正社員を目ざす人などがフリーターの職務経歴書について調べる需要が多くあるからかもしれません。

確かに、もう27歳で、もう29歳で、そろそろ正社員を目指そうと思っているのだけれど、いざ職務経歴書を書こうとしたところ、フリーターは職務経歴書をどう書けばいいのだろうという問題にぶち当たるようです。
フリーターが職務経歴書を書く際、あらゆる職種を経験している場合は特に職務経歴書にどこまで書いたらよいのやらと思うかもしれません。
フリーターが職務経歴書を書く際、自分がいろいろな職種を経験していればいるほど、事細かにいろいろと説明したくなるかもしれません。
でも、フリーターが職務経歴書を書くときに自制が必要だというのはこのことなのかもしれません。

フリーターが職務経歴書を書くときに考えなければいけないのは、その職務経歴書を読む人が知りたい情報を書くことです。
これはフリーターが職務経歴書を書くときだけでなく、普通に転職を考えている人などの職務経歴書にも言えることかもしれませんね。

フリーターの職務経歴書の役割は、自分がどれだけ意欲や熱意を持っていて、今までの経験がその仕事をする上で役立つかということをアピールできればよいのです。
それを考えるとフリーターとしてした仕事は短かろうが長かろうがフリーターの職務経歴書には書けないということにはならないはずです。
逆にいえば、短期間だったとしても、そのフリーターが職務経歴書を送ろうとしている会社にとってとてもメリットのある技術を身に着けていたり、経験として重宝されるものであれば書くのもありの気がしませんか?
フリーターの職務経歴書の具体的な書き方はインターネットですぐに調べることができますから、気になる人は今すぐチェック!



フリーターの就職は難しい?

フリーターの就職は難しいのでしょうか。
最近では有名大学をでても就職難に直面するという時代、フリーターが就職をしようとするのは無謀なことなのでしょうか。

フリーターで就職をめざす人の中には高校を卒業してすぐ、大学を卒業してすぐフリーターになった人もいます。
26歳や27歳くらいの20代後半にさしかかったフリーターは就職をめざそうとするという傾向が最近みられているようです。

フリーターで就職を考える人が増えているだけに、インターネット上にはフリーターが就職をめざす上でどのようなことに気をつけたらいいかなどのアドバイスがあふれています。
フリーターの就職を応援するサイトも数多く見られます。
「フリーター 就職」と検索をかけるとそのようなフリーターの就職を援助するサイトがたくさんヒットします。
フリーターが就職する上での心得や具体的なノウハウが載せられています。

フリーターで就職を考える人が多くなるというのは社会にとってはよいことなのでしょうか。
フリーター問題がニュースや新聞をにぎわしているところをみると、フリーターで就職を考える人が増えるというのはよい社会現象のような気がしますね。

でも、フリーターを問題として取り上げておきながら、フリーターが就職をいざ考え始めるとしっかりとした支援がされないとなるとちょっと矛盾を感じますね。

今ではフリーターで就職を考えている人のための支援をする会社やインターネット上のサイトが増えてきているようです。
フリーターで就職を考えている人はフリーターで今までやってきて就職が本当にできるのだろうかという点が一番の悩みのようです。
しかし、そういうフリーターが就職をめざすとき特有の不安をしっかりと理解して適切なサポートをしてくれるようです。

フリーターが就職をめざすときに気になるのは本当に就職先が見つかるかということだけではないようです。

フリーターで就職活動を始める際に必要とされる書類に関する心配です。
フリーターが就職をめざす場合、履歴書や職務経歴書はどのように書けばよいのでしょうか。
今までのフリーターとしての職務経験はフリーターで就職をめざすとき職務経歴書などに書くことはできるのでしょうか?
このようなフリーターが就職をめざすときに気になる履歴書や職務経歴書の書き方などの情報もたくさんインターネット上に載せられています。
フリーターで就職を考えている人はそのような情報をまず調べてから、時間を無駄にせず確実な就職の道を歩んでほしいですね。



フリーターと正社員の違い

フリーターと正社員の違いって何でしょう?
フリーターと正社員の違いはフリーター問題が取り上げられる時さえ必ずでてくる話題です。

企業にとってフリーターと正社員の比率がどうであるのが一番企業にとって良いのかなど、フリーターと正社員にまつわる話はつきません。

正社員とは定職に就いている人のことですから、フリーターと正社員は正反対の関係にあることがわかります。

フリーターと正社員の違いといってもあらゆる面の違いがあるに違いありません。
フリーターと正社員の違いは単に定職についているかついていないかだけのはずはありません。

賃金におけるフリーターと正社員の違いはどのようなものでしょうか。
新卒で正社員になった人とフリーターを始めた人を比べたとき、フリーターと正社員の年収にどのくらいの差があるのでしょうか。
生涯通してみたとき、フリーターと正社員の総所得数に違いはでてくるのでしょうか。
フリーターと正社員の総所得数に違いがでてくるのなら、フリーターと正社員の間にどのくらいの差があるのでしょうか。
フリーターと正社員の勤務時間に差はあるのでしょうか。
このような質問について調べた結果、結局フリーターと正社員とではどちらが得なのでしょうか。

フリーターと正社員を比べたときに、どちらが得と考えるかは人それぞれ違うかもしれませんね。
フリーターは正社員に比べて自由があると考える人もいれば、フリーターは正社員よりも保障が少ないとか、待遇に違いが出てくるという人もいます。
でも、それもそれぞれの状況によって違いが出てきますから一概にフリーターと正社員を比べたときにどちらがいいとは言えないようですね。

フリーターと正社員のどちらがいいかということだけでなく、価値観はそれぞれの人によって違いますからね。
大切なのはインターネットなどにあるたくさんの情報からフリーターと正社員についてよく知って、自分にとって最善の生き方を選ぶことですね。




フリーターとバイトそして税金

フリーターとバイトの関係はわかりますよね。
フリーターはバイトをして生活をやりくりして、定職にはついていません。

では、フリーターとバイトそして税金の関係ってわかります?
今フリーターをしているあなた、フリーターとバイトと税金の関係ちゃんと知っていますか?

多くのフリーターがバイトをたくさんして、お金をいっぱい稼いでいますが、そこで問題となってくるのが税金の問題なのです。
フリーターでバイトに汗を流し、たくさんお金を稼いだのちにふと思うのが税金って払わないといけないんだっけ?という疑問。
フリーターのバイトくらいなら、税金かからないんじゃない?
フリーターはバイトしているだけだから、所得税とか払う必要ないでしょ?
えっ?フリーターでバイトしているだけなのに税金のこと考えなきゃいけないの?
フリーターでバイトをしている人たちのこんな声が聞こえてきそうです。

フリーターでバイトをしているだけとは言っても、働いてお金をもらっている限り税金の問題がでてくるのは当たり前ですよね。
よく考えればフリーターでバイトをしている人も税金のことを考えなければいけないということはすぐにわかるはずです。
でも、フリーターでバイトをしているとは言っても、人によって年間の収入は大きく違います。
また、フリーターがバイトをコロコロと変わるというのもよく聞く話です。
そのようにフリーターのバイトが年間何回も変わり、それぞれの収入にばらつきがある場合などには税金にも影響がでてくるのでしょうか。

フリーターでバイト生活をしている人の中には、誤った税金の知識をもとに勝手に安心している人がいます。

フリーターのバイトの確定申告とかしていますか?
えっ、フリーターのバイトを確定申告しないといけないの?
そんなふうに思っていませんか?
フリーターでバイトをしている人で家に収入の詳細を送ってくださいという通知がお役所から送られてきた経験がある人はいませんか?
フリーターでバイトをずっとしてきたけど、今まで税金や確定申告などなんとなく気にはなっていたけど後回しにしてきたという人が多いかもしれません。

税金は国民の義務であるだけでなく、正しい情報を知っていなかったらフリーターでバイトを一生懸命しても損をしていることさえあるかもしれないのです。
フリーターとバイトと税金の関係をしっかり知って賢く生きませんか?



フリーターとニートの違いは?

「フリーターとニート」という単語はニュースや新聞にセットで出てくることが多いように思います。
では、フリーターとニートは同じことを言うのでしょうか。
きっとフリーターとニートについてよく知らない方はフリーターとニートは同じことと思ってしまうかもしれませんね。
フリーターとニートはパートとアルバイトのように言い方が違うだけと思っていませんか?

実はフリーターとニートの間にははっきりした違いがあるのです。

フリーターはニートとは違い、定職についてはいませんが、気ままにアルバイトをしながら生活している人のことを言います。

それに対して、ニートは定職にもつがず、アルバイトもせず、なおかつ学生でもない人のことを言いますから、フリーターとニートには違いがあることがわかるでしょう。

フリーターとニートの違いはわかりやすく言うと、労働というものに参加しているか、していないかということのようです。
でも、フリーターとニートの境界線をはっきりとひくことは難しいといわれているようです。
というのも、フリーターになろうと考えていて、今は無職の人などはフリーターとニートどちらの部類に入るのだろうかという疑問がわいてくるからです。
今そのような状況にいる人は、労働する意思がある自分はどちらかと言われたら、フリーターだと答えるかもしれません。
でも、人によっては現在労働していないのだから、どちらかというとニートの部類であるというかもしれません。

フリーターとニートの違いには年齢層というものもあるような気がします。
フリーターをしている人の中には年長の方や主婦の方もいると聞きます。ニートは比較的若者に多いように聞きますから、フリーターとニートの間には年齢層という違いもあるのではないかと思います。

いずれにしてもフリーターとニートの境界線をはっきりと引くことは難しいようです。
しかし、ふたつに共通して言えることはフリーターとニートという問題が社会で大きく取り上げられていることだということなのです。

フリーターとニートがそこまで問題として取り上げられるのはなぜなのでしょうか。
フリーターとニートと一つにくくられるということは、何か共通した問題点があるのでしょうか。
フリーターとニートについてそれぞれの問題点やメリットを調べて正しい理解を得たいですね。

フリーターとは?

フリーターとはいったいなんのことなのでしょうか?
フリーターという言葉をニュースや新聞などで多く見かけませんか?
このフリーターというものは年々増えてきているようです。

フリーターとは定職につかずに、アルバイトをしながら生活するひとのことで、フリーアルバイターとも言います。

フリーターと聞くと、若者をイメージしがちですが、意外と退職をされたような年長の方や主婦の方がお小遣い稼ぎをされていたりするようです。
中高年のフリーターの方も少なくないようです。
では、そんなにも幅広い年齢層の人々からなるフリーターとはどんなメリットがあるのでしょうか。

フリーターとはある人にとっては自分らしく、自分に合っているため評価されている生き方ですが、賛否両論なのが現状です。

フリーターになる人の理由は様々なようです。
自分のやりたいことが見つけられないためフリーターになり、自分探しをしている人がいる一方で、自分のやりたいことのためにあえてフリーターという生き方を選んでいる人もいると聞きます。

フリーターとはあらゆる異なった背景や目的をもつ人々の集まりと言えるでしょう。

私はニュースや新聞などのフリーターに関する記事を読んでいて、どうしてこんなにもフリーターについて批判的な考えを持つ人が多いのだろうと思ったものです。
人の人生を他人がとやかく言えないのと同じように、フリーターという生き方を選択した人がそのフリーターという選択をとやかく言われるというのは如何なものかと思ったのです。
しかし、フリーターが増えることにより起こる問題があるのも確かなようです。

フリーターとはそのような賛否両論にある立場ではありますが、こんなにもどんどん増え続けるのはなぜなのでしょうか。
フリーターをしながら、自分のつき進めたい道を歩く人が増えてきたからでしょうか?
それとも、なにか社会に問題があるのでしょうか?

私個人としてはフリーターという生き方が良い、悪いとは言えないような気がします。
それはフリーターをしている人の価値観や状況は全く異なっているからです。
しかし、フリーターとはどういうことで、どのような問題があるかという情報を正しく得て自分にとってフリーターとはどんなものか考えることが大切かもしれないですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。